福岡新水巻病院について

  •  外来受診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 医療従事者の方へ

情報管理について

診療情報管理室

 「医療の効率化・質の向上」の視点から、診療情報管理士によるICDコーディング(国際疾病分類)を行い、年齢・入院期間・転帰などの情報を疾病別に検索および統計化し、EBM(Evidence – based Medicine)の推進に貢献しています。
 また「がん登録等の推進に関する法律」に基づき、地域がん登録および全国がん登録を行っています。日本で『がん』と診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理する仕組みです。当院では、年間 約300名のデータを国へ提出しています。
 その他に院内・院外より依頼がある調査・統計・分析を行ったり、年100件ほどのカルテ開示の準備を行ったりしています。

 平成28年度より、全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成する「病院情報(病院指標)の公開」を始めました。当院ホームページ内に掲載しておりますので、是非ご覧ください。

診療情報管理室