福岡新水巻病院について

  •  外来受診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 医療従事者の方へ

施設・設備

ご案内

いやしとくつろぎの空間を提供します。
~高度医療設備と専門スタッフで、的確な診断と効果的な治療を。~

1Fフロアー

自然光あふれるアトリウム空間やスタッフゾーン、高機能な建築設備を備えつつも、分かりやすく、色彩・素材感あふれる空間など高度なアメニティを提供します。

1Fフロアー

病院及び食堂

各病棟はそれぞれのイメージカラーを持ちデイルーム・患者さま専用食堂を配置し、適時適温はもとより各階食堂にはミニキッチンを備え、ご飯と汁物はよそいだ物をすぐに召し上がって頂けるように致しております。
また食堂を利用しておられる患者さまからも、落ち着いて食事ができると大好評を得ています。

病院及び食堂

展望浴場

広々としたお風呂で、スッキリと汗を流していただきたいという思いから、大浴場を設置し365日開放。開放感のある浴室で、心身ともにリフレッシュ。患者さまにとても好評な、のびのび空間です。

展望浴場

コンビニ・ラウンジ

1階は、日用雑貨類や衛生材料・食料品を備えたコンビニがあります。又、外来受診後の患者さまやご家族の方々等にご利用いただけるようラウンジがあります。バスの待ち時間等お気楽にお立ち寄りください。各種定食からドリンク類まで豊富なメニューを準備してお待ちしています。

1F コンビニ(ヤマザキショップ)
■平  日/7:30~18:00
■日・祝日/8:30~17:00
1F ラウンジ
■平  日/9:00~17:00
■日・祝日/定休日

コンビニ・ラウンジ

高度医療機器

最新の高度医療機器で的確な診断と効果的な治療を実現

64列MDCT(64スライス)

救急医療には不可欠です。
2台体制、24時間365日稼働。

救急医療において今やなくてはならないMDCTです。最大の特徴としては一呼吸で全身撮影が可能であり、患者様の負担を軽くします。
また撮影時間が短く、どの検査も短時間で終了し外来においても簡単に、かつ安心して検査を受けていただけます。
救急医療にはもちろん、人間ドックへの活用など幅広く医療現場をサポートしています。

特徴
■全身のあらゆる部位の検査に対応できます。
■検査時間が短いので、救急医療に効果的です。

64列MDCT(64スライス)

MRI(磁気共鳴画像)

国内で最高レベルのコンピュータシステム。
2台体制、24時間365日稼働。

MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略で、体内の原子核(水素原子=プロトン)が発生する信号をとらえて画像化するものです。当院では1.5T(テスラ)の超伝導高磁場と、それに対応する最新鋭コンピュータシステムの導入により、頭部・脊髄・胸腹部・四肢関節など、全身のあらゆる臓器において、より精密な画像を得ることが可能です。
また、最新システムによるものにおいてMRA(非侵襲的な血管投影法)、高速投影法による短時間検査、立体画像表示など、高い技術を要するものも可能としています。

特徴
■X線を使用しないため、安心して検査を受けられます。

MRI(磁気共鳴画像)

DSA(デジタル・サブトラクション・アンギオグラフィー)

救急疾患、特に心臓・脳疾患には不可欠。
DSAとは、あらゆる部位の血管のみを造影剤を用いることにより撮影することができる装置です。例えば、脳血管では「脳内出血」「脳梗塞」などの原因となる細かい血管の異常を発見することができます。
胸腹部血管においては、腫瘍血管の抽出や大動脈疾患の発見に有効です。心臓血管(冠動脈)においては、Cアーム装置を付添することにより、心筋梗塞などの血管閉塞部抽出に効力を発揮します。また、当院でもさかんに行われ、今日最先端の技術とされている冠動脈疾患(心筋梗塞)の治療、PTCA、PTCR、ステント留置術を行う上で欠かせない装置です。

DSA(デジタル・サブトラクション・アンギオグラフィー)

RI(ガンマカメラ・システム)

臓器の機能診断を行います。
ガンマカメラシステムは、人体に投与されたごく微量のRI検査薬の体内での分布状態を計測して、最新のコンピュータシステムを駆使することにより、体内の各臓器の形態や機能の状態を画像化します。頭部や心臓、肝臓などの各臓器及び骨などの疾患の検出に威力を発揮します。
この検査は、無傷で安全ですんで安心して受けていただけます。

RI(ガンマカメラ・システム)

マンモグラフィー(乳房撮影装置)

当院では、乳腺超音波検査の件数が年々増加しており、これに伴って診断技術向上のためマンモグラフィーを導入しました。 乳癌は年々増加にあります。定期的な検査で、早期発見、早期治療をおすすめします。

マンモグラフィー(乳房撮影装置)

BMD(X線骨密度測定装置)

近年、高齢者人口の増加により頻繁に耳にするようになった「骨粗鬆症」は、食生活の変化により若年化してきていると言われています。これによる深刻な病態進行を避けるためには、早期発見・治療が必要です。 今日の臨床現場では、栄養症・ホルモン値の異常、骨密度(塩量)の変化を把握することが不可欠で、そのニーズに伴う測定装置も、より高性能のものが必要とされています。 当院では最新鋭装置を導入し、地域の皆様の「骨の健康管理」に貢献しています。

BMD(X線骨密度測定装置)