福岡新水巻病院について

  •  外来受診の方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 医療従事者の方へ

救急医療について

救急病院でもある当院には、1ヵ月450件を超える救急搬入があります。
24時間、いつでもすべての検査・手術・治療ができる体制を整え、各科ドクターが一丸となり、あらゆる疾患に対応しています。

1.救急患者搬入

救急隊から医師へダイレクトに連絡が入り、救急隊と連携し、救急患者をスムーズに搬送します。

救急患者搬入

2.救命処置

医師・看護師・医療技術スタッフが一丸となり、迅速に救命措置を行います。

救命処置

3.手術室(手術室4室+小手術室1室)

24時間体制ですべての緊急手術を開始することができます。

手術室

4.ICU(集中治療室・16床)

大きな手術を終えられた患者様や心不全・呼吸不全・脳血管障害などの重い疾患のある患者様や、一般病棟では全身管理が困難な患者様の集中治療を行います。経皮的心肺補助装置[PCPS]など、最先端医療技術を駆使して、循環・呼吸といった身体機能の維持・回復に努めています。

集中治療室

ヘリコプター事業

救急医療の未来に向けて

社会医療法人財団池友会が行う、医療搬送用のヘリコプター事業「ホワイトバード」は、民間医療施設が行うものとしては沖縄県の浦添総合病院に次ぐ、ヘリコプターの医療用活用事業です。
この医療搬送用ヘリコプター「ホワイトバード」は、厚生労働省認可の「ドクターヘリ」だけではカバーできない、離島や遠隔地・僻地からの患者様の搬送、医師や医療物資の搬送など、あらゆる救命救急搬送に柔軟に対応、威力を発揮します。
「ホワイトバード」の導入により、離島や僻地の患者様の救急救命活動や、救急医療のさらなる拡充が可能となります。

救急患者搬入

ホワイトバード内部

「ホワイトバード」運用のメリット
遠隔地からの安全且つスピーディな患者搬送が可能に。
九州各地はもちろん、本州や四国の一部、福岡から遠く離れた地域や、交通手段が限られた僻地の患者様の搬送を安全且つスピーディに行うことが可能になります。
事故や災害発生時の患者様・意思搬送や物資搬送が可能に。
事故や災害時、緊急の移動手段が限られた状態でも、速やかに患者様や医師を搬送する事が可能になります。また、災害時の物資の搬送にも威力を発揮します。
退院後など、安静が必要な患者様の離島や僻地への下り搬送にも利用可能。
離島や、車での移動が困難な僻地からの患者様は、帰宅に際して、多くの時間や費用が掛かります。退院後の患者様をご自宅までお送りする「下り搬送」にも利用可能です。
福岡県内の拠点病院間の患者様・医師搬送をスピーディに。
福岡県内の池友会拠点4病院を結び、患者様や医師を搬送する事が可能です。これにより緊急手術や、高度な医療処置が必要な場合の転院、各専門医の移動などをスピーディに行えます。

ホワイトバードの運航に伴う患者様の搬送費用の負担は一切ありません。

  • ホワイトバードWebサイトへ

ホワイトバードの新水巻病院からの飛行範囲