体制

高度医療設備

福岡新水巻病院の高度医療機器や最新の検査体制でサポート。

マルチスライスCT装置(64スライス)

画像:マルチスライスCT装置(64スライス)

■救急医療には不可欠です。
救急医療を行う上で、欠かすことのできない高速型の画像診断です。全身のあらゆる部位の検査に対応でき、特に救急患者様の早期診断に威力を発揮します。また、検査時間が1分~5分と短く、外来においても簡単に、かつ安心して検査を受けていただけます。
救急医療はもちろん、人間ドックへの活用など、幅広く医療現場をサポートしています。

    特徴
  • ・全身のあらゆる部位の検査に対応できます。
  • ・検査時間が短いので、救急医療に威力を発揮します。

MRI( 磁気共鳴画像)

画像:MRI( 磁気共鳴画像)

■国内で最高レベルのコンピュータシステム
MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略で、体内の原子核(水素原子=プロトン)が発生する信号をとらえて画像化するものです。当院では、1.5T(テスラ)の超伝導高磁場と、それに対応する最新鋭コンピュータシステムの導入により、頭部・脊髄・胸腹部・四肢関節など、全身をあらゆる臓器において、より精密な画像を得ることが可能です。 また、最新システムによるものにおいてMRA(非侵襲的な血管投影法)、高速投影法による短時間検査、立体画像表示など、高い技術を要するものも可能としています。

    特徴
  • ・X線を使用しないので、安心して検査を受けられます。

検査体制

画像:検査体制

患者様の苦痛を取り除くため医師と協力し、最新のデジタル化された超音波装置やコンピュータ化された血液検査装置などで、的確で迅速な検査を24時間体制で行っています。常に検査技術の習得に努め、最高の技術で各種の検査を行います。また、ほとんどの検査を院内で行っておりますので、迅速な検査結果を提供できます。

総合救急医療体制

福岡新水巻病院の各専門医がバックアップ致します。

●外科

画像:矢野 公一

矢野 公一

外科専門医・指導医
消化器外科認定医
乳がん認定医

周産期センターに入院されるお母さんが、安心して退院されるまで、外科チームも様々なサポートを致します。

画像:多賀 聡

多賀 聡

外科認定医

異常分娩の場合、帝王切開等にしてもリスクを伴うことが多く、我々一般外科医も微力ながら尽力致します。

●内科

画像:藤井 茂<

藤井 茂

日本心血管インターベンション学会
認定医・指導医
日本人間ドック学会人間ドック認定医

当院は開設以来、地域の急性期医療を担ってきた自信があります。その中でも特化した周産期センターを立ち上げるに当たり、当院の高度救命救急機能がさらにお役に立てるものと思います。

画像:車 忠雄

車 忠雄

内科専門医
循環器科専門医

母親の体に内臓疾患で問題が起こった時には24時間体制で原因の解明、治療に取り組みます。

●脳神経外科

画像:金 茂成

金 茂成

日本脳神経外科学会専門医

それぞれの疾患に対して最も適切と思われる治療法を選択出来るようにしています。また手術については合併症が起きないように丁寧な手術を心がけています。

救急救命体制も完備

画像:救急医療体制

私たちは、新生児と母親のいのちを救うべく、他科と協力して24時間・365日救急体制で、いま生れてくる子どもやリスクの高い母親のために、質の高い医療を行い、高度医療機器を備えて救急救命を行っています。

看護体制

心の通い合う看護へ向けて、
ひとりひとりとコミュニケーション

看護に携わる私たちが常に心がけているのは 「患者さまの気持ち」を忘れないようにすること。 心が通い合う看護を心がけつつ、日々全力を尽くして看護にあたります。

画像:看護体制

医学生病院見学について

小児科・産婦人科に興味がある医学部医学生の病院見学を募集しています。
希望により周産期センターと本棟の見学も可能です。
4、5年生大歓迎です。

画像:医学生病院見学について
画像:周産期センター
社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 周産期センター 電話番号 お問合せはこちら
電話番号
  • 健診・人間ドックのご案内 年に一度は健康状態をチェックしましょう。
  • 求人情報”
  • WHITE BIRD